リボ払いは便利だけど損する!?よく考えてキャッシングしよう

リボ払いの特徴 

通称リボ払いと呼ばれる「リボルビング払い」実はこちらはクレジットカード会社ばかりではなく、キャッシング会社も多く採用している支払方法です。
その場合のほとんどが「残高スライド式リボルビング払い」と呼ばれるものです。
大きな特徴は、月々の返済額が安くなる、という点です。
リボ払いでは次々の支払金額を現在の残高から決定します。
現在の借入残高が10万円から9万円くらいであれば5千円、9万円から8万円になれば4千円、といった具合に、残高ごとに事前に決められている値段での支払いを毎月行うことになります。
ただ、基本的には月々の返済額が安くなると言われるとかなりお得に感じますが、最近ネットなどで広く知れ渡ったようにリボ払いは決して得をするような仕組みにはなっておらず、むしろ利用者が損をするような仕組みになっているのです。

利息が高くなるリボ払いの支払方法

リボ払いは月々の支払額が安くなります。さらに返済を続ければ続けるほどに、残高自体の割合も低下していくために、返済額も次第に少額になっていきます。
要するに既に少なかった月々の負担が、返済を続ければ続けるほどにもっともっと少なくなるのです。
さて、そこで少し考えてもらいたいのが、利息についてです。
利息は毎月などの一定の期間で現在の残高ごとに発生するようになっているのが一般的ですね。では、この利息を少額に済ませるためにはどうすればいいと思いますか?
正解は、早く返済をすることですね。極端に言えば一括支払いをしてしまえば、利息はほとんどないような状態で返済することも可能です。
つまり、利息を少なくするにはいかに利息を発生させる機会を少なくするか、返済に時間をかけないことが重要になります。そのためには「月々の支払額を大きくすること」がかなり大切になるのではないでしょうか。
さて、「月々の支払額を大きくすること」、これと真反対にあるのは「月々の支払額を小さくすること」ですよね。
月々の支払額が小さければそれだけ返済期間は長期間化し、利息の発生する機会は増えてしまいます。
つまり、支払額を少額に抑えている「リボ払い」は返済期間が長期間化してしまい、利息が大量に発生してしまうような仕組みになっているんですね。
利息の発生、それはしたがって金融機関の利益に繋がります。したがって、リボ払いは月々の返済額が少額になり、負担が少なくなることを条件に利息をたくさんいただきますよ、という金融商品なのだと理解できますね。
ですので、リボ払いははっきり言って私たち利用者が最終的に支払う利息が多くなり、損をしてしまい易い仕組みになっていると言えます。

リボ払いの対策

さて、このリボ払いですが、基本的な返済方法として用意している金融機関が多いです。消費者金融もしかり、銀行カードローンもしかり、このリボ払いを採用しているところは多いです。
ですが、リボ払いを採用しているところの多くは、利用者が自由に追加返済を行えるようにしています。
つまり、リボ払いで支払う金額はあくまでも毎月ごとに支払わなければいけない最低の金額、と設定され、それ以上に支払うのであれば、ATMなどを利用して追加返済を行ってください、という態勢が整えられているのです。
もちろん、追加返済を行えばリボ払いのデメリットである「返済期間の長期化」を抑えることができ、結果的に発生する金利を抑えることが出来ます。
以上の事から、たとえリボ払いをすることになったとしても、そのような場合には追加返済を行ってがんがん返済を行えば、結果として損をしなくても済む、ということが指摘できますね。
ぜひ、金融機関の利用で損をしないためにも、追加返済は積極的に行いましょう。