主婦である私の母が自己破産した件について

借金お金

自己破産という選択をした母

今思うと、あの頃はツライ学生時代を過ごしました。

当時私は、高校生。妹は小学生。祖父母、父、母の6人家族でしたが、父は仕事で家を空けていることが多かったです。

父は、仕事中高いところから落ちてしまい、ケガをしその影響からか働かなくなってしまいました。

働かないのですから収入はありません。さいわいなことに持ち家で元気な祖父母がいて、母も働いていたのでギリギリでしたが生活をしていました。

急な出費があるときは、親戚から借りていたらしいのですが、それも長くは続かず返せなくなり身内内でも裁判沙汰になりそうでした。
やっとの思いで返した矢先、母は精神的に病んだのでしょう。パチンコというギャンブルにはまってしまいました。

ギャンブル(パチンコ)がやめられず自己破産

パチンコだとすぐに稼げると思っていたのでしょう。毎日朝から夜までパチンコ生活で、タバコのニオイをつけて帰ってきました。
パチンコ依存について
頻繁に母を見た!という目撃情報が耳に入ってきていましたから、母に問い詰める毎日でした。そんな矢先、家に頻繁に男の人から電話がかかってくるようになりました。それは、金融会社からの督促電話でした。母は知っていたのでしょう。電話線を抜くようになりました。

それからも電話はなりやまず、督促通知が届くようになりました。挙句の果てに電報まで・・・。電報を受け取ったときはさすがに凍り付きました。いっこくも早く解決しなければ家族みんなダメになる!と思いました。祖父母も、精神的に弱ってしまい、祖父は痴呆症になってしまいました。

母の姉妹を頼り、相談したところ弁護士を紹介してくれることになりました。私は高校生でしたので叔母の力を借りました。最終的には自己破産という形になりました。
その時にお世話になったのが借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」さんです。
そのとき母が借金していた金額は消費者金融、銀行、信販系、街金、闇金含め10社以上でした。

今思うと、10社以上もどうして借りられたのでしょうか。

衝撃的な事実が発覚

私には年が離れた兄がいますが、もう家を出て一人暮らししていました。どうやら母は兄に連帯保証人でお金を借りさせていました。
それも、複数、中には兄が知らない業者もありました。これには、兄もショックでしばらくは絶縁していました。

兄はそれ以外にも定期的にお金を母に渡していたそうです。

借金総額500万円

総額500万以上です。闇金はタチが悪く10日間で1割の利息が発生してしまいます。俗にいうトイチです。

自己破産の手続きが始まったとたんに、嘘のように電話や督促状がこなくなりました。それだけでも精神的に楽になりました。
やはり借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」さんにお願いして良かったとつくづく思いました。

父はその期間、ずっと母を責めてばかりいましたし、私も高校生で(バイトしていました)妹は小さい小学生、祖父母に頼れないという母の心の寂しさから気晴らしとお金の余裕のなさがギャンブル依存症に陥ってしまったのかもしれません。

パチンコが悪いわけではありませんが、わずかな心の弱さを利用して依存させていくと思います。あの頃の母は何かにとりつかれているかのように別人でした。あれから母も辞めて普通に戻り今では、まっさらな状態で一からスタートしています。

祖父は他界しましたが、家族平和になりました。

 

主婦である母はパートをしていたので、消費者金融で借りたのでしょう。イオン、アプラスなどのカードも母が持っていたのを見たことがあります。
信販、消費者金融で複数借りたので、街金、闇金から借りたのでしょう。

しかし、街金は貸金業法に基づいているのでしっかりとした金融業者になります。

闇金は違います。法外な利息と脅しですべてを失います。自己破産者やもうどこからも借りられない多重債務者をターゲットに無担保で借すよなどと、甘い誘惑をしてきます。

闇金に手をだしては絶対にいけません!

 

主婦でも借りれる審査が甘いカード

モビットやイオンカードの審査が通らなかったかたにおすすめなキャシング・カードローン紹介

フタバ



セントラル マイレディス



アロー



いつも