家族カードを持つ意味とメリットとデメリット

家族カードを持つ理由とは?

家族カードとは、正式名称は家族会員カードと呼ばれている物で、クレジットカードの一つです。

こちらはクレジットカードを所有している、本会員の家族の方に発行されるカードであり、本会員の家族一人一人に対してカードを発行することができるようになっているのです。

家族会員が発行できるのは、配偶者か18歳以上の子供か両親で、本会員と生計を同じにしていることが条件となります。

また、発行することが出来るカードは本会員の方と同一のカードのみで、利用可能な金額は本会員の利用限度額の範囲となっています。

要するに、夫がクレジットカードの会員であれば、条件を満たせば家族の誰でも、夫の利用限度額の範囲内で使うことのできるクレジットカードを手に入れられるのです。

家族カードを持つメリットとは?

家族カードのメリットは4つあります。

まずは、年会費がかなり安くなることです。本会員のカードが念会員が無料の場合は、家族カードも無料になりますし、発行時手数料しかかからないこともあります。

二つ目のメリットは、家族愛インカードに対しても、クレジットカードの本会員に適用されている様々な保険が付帯されることです。

海外旅行保険やオンライン不正利用保険まで、かなりの保険が適用されます。お金がかからずにこれは非常に嬉しいですね。

三つ目のメリットは、家族カードで使ったお金は、本会員の口座に一括請求がされることです。わざわざ新たな口座を作る必要もなく、口座のお金を心配しなくても済みますね。

最後のメリットは審査に通過するための信用情報は、本会員の信用情報のみとなりますので、家族の信用情報は全く関係が無いのです。

つまりは、本会員が一人でもいれば、まず間違いなく審査に通過することが出来るでしょう。

家族カードを持つデメリットとは?

デメリットとしては、本会員と利用限度額が胸痛であるために、実際に利用することのできる金額が少額になりやすい事です。

例えば、本会員のカードが2枚あり、限度額が50万円であれば、合計100万円の利用限度額になりますが、家族カードと本会員カードの1枚ずつであれば、合計の限度額が50万円となり、それぞれに利用できるお金は半分に分けても25万円ずつとなります。

場合によってはもっと低くなることもありますので、たくさんのお金を使えないことは多き投げメリットだと言えるでしょう。