キャッシングを旦那さんや家族にバレずにするための方法

キャッシングを利用する理由は様々あると思いますが、家族がいる方はできることならば家族に知られずにキャッシングを利用したいと、かなりの大多数の方が思っているようです。
後ろめたい理由に使っていなくとも、家族に相談するだけでも反対されることだってあるでしょうから、キャッシングはやはり家族に内緒でキャッシングがしたいですよね。
キャッシングの利用時に家族にバレてしまう、ということはよくあるようです。

最近では固定電話への本人確認の連絡が来てバレた、なんてことは少なくなりました。ケータイ電話やスマホのおかげですね。

ですが、それ以外にも家族にバレてしまう原因はいくつかあるようです。

そして、その原因に適切な対処をすれば、家族にバレることなくキャッシングを利用することは可能なのです。

無人契約機やWEB完結を利用する

まず、家族にバレてしまう理由の最もポピュラーな物は郵便物です。
主にキャッシュカードの郵送ですね。郵送物が届く時間帯はほとんど自分がおらず、家族しかおらず、家族が郵送物を空けてカードを見つけて、バレてしまうというような流れですね。

ですので、第一にキャッシュカードが郵送されてバレてしまうことへの対策が必要になります。

その方法は、プロミスやモビットで利用することのできる、カードレスで借入をすることができる「WEB完結」のサービスを利用することと、その他の消費者金融などで利用することが出来る「無人契約機」でキャッシュカードを発行して、カードの郵送を断るという方法です。

これらを利用すれば、キャッシュカードが自宅に届いてバレてしまうこともありません。

案内状などの郵便物やカードに注意

キャッシュカードを発行し、申込み方法を店頭か無人契約機、ネットなどで行えば、基本的には自宅に郵送される郵送物はなく、そのせいで家族にバレてしまうことはありません。

例外としては、金融機関から送られてくる案内状があるのですが、こちらは申し込み時に案内状の郵送を希望しないように伝えておけば、自宅に郵送されることはなくなります。

後は、自分次第でバレるかバレないかは変ります。具体的には、キャッシュカードを家族に見られないようにすることですね。

キャッシュカードが見つかってしまえば、必ず説明を求められますし、どのような嘘をついたとしても、結局は自分がキャッシングを利用していることはバレてしまいます。

ですので、キャッシュカードは財布の奥に隠しておいたり、自宅で出したりしないように注意を払う必要があると言えるでしょう。

他には、利用明細書などもWEB明細を利用したり、ATMの利用でその場で発行したりして、自宅に届けられてしまわないように対策をするといいでしょう。